よっちゃんの闘病記と『ボチボチ山へ・・・』

アクセスカウンタ

zoom RSS 胃カメラの診断など

<<   作成日時 : 2017/07/20 16:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週の胃カメラの診断結果を聞きに行きました。


画像

                  先日の蛹は、無事羽化し、羽ばたきました。



 先週、思わぬ形で胃カメラ検査を受けることとなったのですが、その際の精密検査の結果を聞きに行きました。いつもの受診は、血液検査の結果を待つのに約1時間は必要でしたが、今日は結果を聞くだけでした。


 9時の予約でしたが、既に二組ほどの家族が待ちあいの椅子に腰かけていましたが、二番目に呼ばれて診察室に入りました。


 主治医は、検査結果のプリントアウトを示しながら、『所見から、胃の外壁が圧されている』との事で、『CTかPET-CTを勧めますが』とのことで、来週、CTを受診することとなりました。その検査結果の概要を以下に載せます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【コメント】

■頭頚部  【診断】非腫瘍ー食堂裂孔ヘルニア

■胃     【診断】萎縮性胃炎

■胃ーL−後壁 【病変補足】幽門輪後壁 【診断】腫瘍ー線種

■胃ーU−後壁 【病変補足】体部後壁   【診断】非腫瘍ーその他 非腫瘍性病変

■十二指腸 【診断】異常なし


【病理所見】

@中程度の異型を示す管状腺腫です。

A腸上皮化生を伴う萎縮性の胃粘膜です。腫瘍性病変は認めません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 7月20日、上掲の診断で『・・体部後壁は壁外性の圧排を疑う隆起あり』との指摘があり、
主治医からCT検査を勧められ、受診することとなり、


 7月25日のCT受診と決まりました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
胃カメラの診断など よっちゃんの闘病記と『ボチボチ山へ・・・』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる