よっちゃんの闘病記と『ボチボチ山へ・・・』

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・歯の治療

<<   作成日時 : 2017/04/13 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日も、引き続いての歯の治療でした。


画像




 先週の虫歯の治療後は、治療した歯を噛む合わすと痛みがあり以前処方されていた痛み止めを飲みましたが、三日ほどで痛みは無くなっていました。その際、歯科女子に「歯のすき間も“糸ようじ”で掃除してください」との事で、糸ようじのお世話になります。


 先日、乳児にハチミツを与えて死亡した件が報道されましたが、それは“ボツリヌス症”という病気です。小生も治療中に主治医から、『ハチミツはとらないように』と言われていたのは、この病気に罹らないように・・とのことでした。以下に先日の事故を受けての厚労省からの周知をコピーしました。


 小生の場合は、乳児では無いのですが主治医の言に従いました。



          ◆          ◆          ◆



蜂蜜業界に衝撃 乳児ボツリヌス症で死者 摂取「厳禁」周知のはず 県など「注意喚起を」厚労省

日本農業新聞 4/11(火) 7:01配信

 東京都が7日、蜂蜜が原因の乳児ボツリヌス症で足立区の生後6カ月の男児が死亡していたと発表したことを受け、国や都、業界は「1歳未満の乳児には蜂蜜を与えない」との基本事項の周知を徹底する動きを強めている。蜂蜜のラベルにも記載され妊婦にも必ず伝達される事項で、同症での死亡例は国内初。女性農業者からは「知らない人がいたとは残念」と驚きの声も広がる。


初の死亡事故

 東京都によると、2月22日午後、都内の医療機関から最寄りの保健所に「5カ月の男児が入院しており、神経症状が出ている。離乳食として蜂蜜を与えられている」との連絡があった。

 患者は足立区在住の5カ月の男児。同16日からせき、鼻水などの症状があり、20日にけいれん、呼吸不全などの症状で救急搬送された。男児は、発症1カ月前から離乳食として、市販のジュースに蜂蜜を混ぜたものを飲んでいたという。

 検査の結果、患者のふん便や自宅の蜂蜜からボツリヌス菌が検出された。男児は3月30日に死亡した。都は4月7日に「死亡原因はボツリヌス菌によるもの」と断定し発表した。
.

改めてHPで警告 養蜂協会

 全国約3000の養蜂家で組織する日本養蜂協会は事故を受けて10日、ホームページ(HP)で1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう改めて注意を呼び掛けた。

 同協会はこれまで会員に対し、蜂蜜のラベルに注意喚起文を付けることを指導してきた。母子手帳などでも注意を呼び掛けてきており、「今回の事故は大変残念」と受け止める。今後も消費者への周知をさらに徹底していく考えだ。「離乳が完了して腸内細菌が整うまでは、蜂蜜をあげるのは避けてほしい」とする。

 蜂蜜は、1歳以上になれば安全に食べられる。同協会は「天然の甘味料で栄養価も高く、花の種類で風味が異なり楽しめる」と魅力を強調する。

 厚生労働省は7日、都道府県や保健所設置市などに対し、関係事業者や消費者への注意喚起を呼び掛けた。東京都も同日HPで発信した他、保健所に対し指導を徹底。都食品監視課は「1歳未満に蜂蜜を与えないことは前提になっており、今回の事故につながった商品にも表示はあった」として、さらなる周知の必要性を指摘する。

 蜂蜜の活用法などの資格講座を運営する日本はちみつマイスター協会は、乳児に与えない注意事項は講座で指導している。インターネットなどであやふやな情報が流れている現状を不安視し「適切な情報をさらに発信したい」(事務局)としている。


教える人いない夫婦だけの育児

 乳児ボツリヌス症の予防対策として蜂蜜を乳児に与えてはいけないことは、妊婦に対して市町村が発行する母子手帳に書いてあり、保健師による指導もある。岩手県雫石町のリンゴ農家で、1歳の双子を育てる浅沼幸恵さん(41)は食品を選ぶ際、容器に「乳幼児に与えないでください」という表示があるかを必ず確認している。「都市部は両親だけで子育てをする家庭が多く、教えてくれる人がいなかったのかもしれない。同じ母親として残念」と悲しむ。
.

<ことば> 乳児ボツリヌス症

 1歳未満の乳児がボツリヌス菌芽胞を口から摂取することで発症し、蜂蜜を原因とする場合が多い。便秘や哺乳力低下、泣き声が小さくなるなどの症状が出る。死亡に至るのはまれ。1976年に米国で初めて報告され、日本では86年に千葉県で発生した。食品に含まれる毒素そのもので発症する一般的なボツリヌス食中毒とは異なる。国立感染症研究所によると、2016年までに36件の発症がある。





          ◆          ◆          ◆



■ このところNHKを始め、報道各社は揃って“きな臭い話題”がニュース番組を競っていますが、超大国の暴走を窘める先進国の指導者は現れないのでしょうか。G7でお偉方が集まっても『トランプ占い』で様子を伺ってばかりじゃ〜、始まらないと思いますが・・。


■ それは兎も角として、きな臭い象徴の“フェイクニュース”と呼ばれる“先制攻撃説”まで出現しています。マスコミ各社は、出所不明のこのようなデマを打ち消す努力をする必要があります。政府要人のツイッターなどを“政策の発表”の如く、取り上げるのも、同様に感心しません。




 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いい季節になりました。
まだ少し早いですが、6月に奈良で
千代さんも出展される写真展に
おでかけになりませんか。
訪ねてみたいお寺さんもありますし
お話し出来たら愉しい、と
思うのですが。
yoshibei
2017/04/16 15:16
 yoshibeiさん、どうもっ。返信遅くなりました。

 奈良の件、もともと出掛けるつもりはありませんでしたが、思い掛けないyoshibeiさんのお勧めで、思案しています。
わいわい
2017/04/17 08:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
続・歯の治療 よっちゃんの闘病記と『ボチボチ山へ・・・』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる