よっちゃんの闘病記と『ボチボチ山へ・・・』

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日も歯の治療

<<   作成日時 : 2017/03/29 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週に続いて、虫歯の治療に行きました。



画像




 前回からの左の奥歯の治療は、まず、虫歯の治療で薬を詰めて、前回と今回で治療は終わり薬を詰めたレントゲンの確認で虫歯の治療は終えましたが、次回は義歯を造るようですので、まだまだ治療は終わりそうにありません。


 先週は小生の歯医者だけで無く、朝早くから相棒の二軒の病院のハシゴと病院巡りでしたが、老親父の病院の付き添いがあります。毎回ではないのですが、我が家には老母親の病院の付き添いなどもあり、このところの病院通いは大変でした。


          ◆          ◆          ◆


 先日、小生の郷里出身の代議士先生(現役)が『悪性リンパ腫との闘病中に死去』との報を耳にしました。三年前の選挙で当選後に病気が発覚し、治療していたとの報ですが、二年前には脱毛した姿で視察する姿をTVで映していましたが、本人の無念が伝わってきます・・・合掌。


 そして先日、次のニュースがネットで紹介されました。小生の“悪性リンパ腫”とは違いますが、同じ血液がんという事で、引用します。


≪次世代療法で血液がん治験…自治医大病院など≫


2017年03月25日

 自治医科大病院やバイオ関連企業のタカラバイオ(本社・滋賀県草津市)などは、遺伝子を改変してがんへの攻撃力を高めた免疫細胞で、血液のがん「急性リンパ性白血病」の重症患者を治療する臨床試験(治験)を、2017年度から始める。次世代のがん治療法で、海外の臨床試験では高い治療効果が報告されており、20年度の薬事承認を目指す。




 この治療では、患者から取り出した免疫細胞に、人工的な遺伝子を加え、白血病細胞の「目印」となるたんぱく質を認識できるようにし、目印を狙って攻撃できるようにする。そして、この免疫細胞を大量に増やし、患者の体内に戻す。

 治験は、急性リンパ性白血病の再発患者など既存の治療が行えない重症の成人二十数人を対象に計画。

 今年1月、自治医科大病院を含む、三重大病院、東京大医科学研究所病院など6施設で治験を行う計画が、薬の承認審査を行う独立行政法人「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」に提出された。計画は認められ、現在は自治医科大病院などで患者募集を始めており、4月以降に治療を始める予定だ。

2017年03月25日 Copyright c The Yomiuri Shimbun



 



          ◆          ◆          ◆



■ このところTVのニュースを賑わしている政治家と一般人の「嘘のつきあい」のドラマの様相ですが、日本の国家で絶大な権力を持っている者と、成り上がり小市民を同じ土俵に立たせないまま『あなたこそ、嘘つきだ』との非難合戦はどうなんでしょうか?


■ しかし、事件が公になって以来、一つの“たわいのない嘘”を取り繕うために次々に嘘を重ねることとなる・・・という、抜き差しならない状況となってしまうとは、一体誰が予想出来たでしょうか。はたまた『事実は小説より奇なり』と証言した輩の先行きは?





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日も歯の治療 よっちゃんの闘病記と『ボチボチ山へ・・・』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる